本製品のトップへ戻ります

最終更新 2006-09-29


FAQ 導入編

Q1 受信するパソコンは指定以上の能力のものでないと駄目か?
A1 能力が低いと希望するデータをすべて受信できない場合があります。
なるべく高速なパソコンをお使いになることをお勧めします。
現在PCショップの店頭に並んでいるPCなら、ほとんど問題なく動作
するでしょう。

Q2 搭載メモリが64MBでは駄目か?
A2 本ソフトはメモリを大量に必要とします。64MBだと過去ログの集計でメモリ
不足になるおそれがあります。

Q3 モニター対象となるパソコンの台数に制限は?
A3 非制限版では特に台数の制限は設けていませんが、ノードを越えるセグメントのパソコンについてはモニター対象となりません。
クライアント台数制限版ではネット管理職が認識しているPCの台数が10台を越えると、11台目以降に認識したPCについてはデータが記録されなくなります。

Q4 ノートPCを使ってモニターしたいが問題は?
A4 液晶画面を閉じると動作が停止するような機種ではまずいでしょう。

Q5 無線LANのアダプターを使用してモニターしたいが駄目なのか?
A5 無線LANではスイッチングハブ同様に、ほとんどの場合、下流に接続された
PCに無関係なパケットは中継されません。 このため、LAN全体をモニター
するには不向きです。

Q6 WWWとメール以外には何がモニターできるか?
A6 現行バージョンでは、これら2つのみです。
従業員のネット利用動向をみるには、これら2つで充分と考えています。

Q7 hotmail のようなWEBメールを読むことはできるか?
A7 暗号化プロトコルのモニタリングには対応していませんが、ログインする
時点はWWW(ポート80)ですから、WEBメールを利用している従業員を
特定することが可能です。

Q8 プロクシサーバに対応しているか?
A8 ポート80番以外にも代表的なプロクシのポート番号はすべて網羅されて
いますのでプロクシの存在を意識することなくモニタできます。

Q9 Windows 以外のクライアントPCをモニターできるか?
A9 できます。 ただし、名前解決をNetBiosに依存しているため、標準では
NetBiosが実装されていないマッキントッシュやUnix系のクライアントPC
についてはPCの名前ではなくてIPアドレス番号による表示となります。

Q10 ファイアウォールのマシン上で動作させたいが可能か?
A10 本ソフトはファイアウォールマシン上での動作は保証しません。
ファイアウォールソフトが動作している場合は、その動作を停止させて
からご利用ください。

Q11 ファイアウォールの外側(上流)で使いたい。
A11 プライベートアドレスが設定されているPCであればOKです。
しかし、クライアントPCのIPアドレスがすべて同一に見えてしまいます
ので、PC(=従業員) を特定できなくなるのであまり意味がありません。

Q12 なぜグローバルアドレスの設定されたマシンで動作できないのか?
A12 不正な盗聴行為に利用されることがないように、そういう仕様に
しています。

Q13 スイッチングハブが導入されているとモニタリングできないのか?
(2006-09-29 追記)
A13 あなたのPCがスイッチングハブの下流に接続されている場合には、上流のパケットをモニタリングすることはできません。 この場合は、最も上流であるルータの直下にノーマルハブを接続し、そこへあなたのPCへのLANケーブルと、その他のLANケーブルを接続することでモニタリングが可能になります。

近年、このようなスイッチングハブの不便さを解消して希望するポートのパケットを希望するポートへミラーリングできるスイッチングハブが安価に販売されるようになりましたのでぜひ、ポートミラーリング機能つきのスイッチングハブをご利用になることを強く推奨いたします。 (2006-09-29 追記

推奨できるポートミラーリング機能つきのスイッチの一例はここをクリックしてください(アライドテレシスFS808TPV1)

上記の件につきましては長野市のK様よりご指摘をいただきました。この場を借りてK様に感謝申し上げます。

=============================================

尚、別途解説の、すべての社内パケットを受信するために をご覧ください。

配線経路の事情などにより、ルータ直下にノーマルハブと、あなたのPCを接続できない場合には、あなたのPCが接続されたノーマルハブに接続されたPCに関してはモニタリングすることが可能です

Q
A

FAQ インストール編

Q101 インストールで netknr???.msi というファイルをダブルクリックするとエラーメッセージがでる。
A101 Windows Installer 1.1 がインストールされていない場合に古い Windows Installer (1.0) が起動されるとエラーになります。 当社のダウンロードページからWindows Installer 1.1 をダウンロードしてそれをインストールしてからやりなおしてください。

Q102
何も受信できない。 どうしたらいいのか?
A102 ソフトに同梱されているヘルプファイルの「早速つかってみよう」の手順で原因を調べてください。
ヘルプファイルはソフトの画面上部にある、「ヘルプ(H)」から「目次(C)」を選ぶと、インタネットエクスプローラで表示されます。
それでも尚、まったく受信できない場合は、当社「ネット管理職サポート係」までハードウェア環境などを明記の上、メールにてご相談ください。
基本的には2営業日以内にメールにて返信させていただきます。

Q103 オンラインユーザ登録画面で必要事項を入力して「同意する」というボタンを押してしばらくしたら、エラー画面になって登録できなかった。
A103 3つの原因が考えられます。
1番目は、回線のトラブルまたは、当社の登録受け付けサーバがトラブルを起している場合です。 この場合には、しばらく時間を置いてから「ネット管理職」を再起動してみてください。
トラブルが解決していれば、保留されていた登録内容が送信されます。

2番目は、可能性は低いですが、あなたの会社の社内LANのルータまたはファイアウォールの設定が厳密で、登録に必要な通信ポートが閉じられている場合です。 この場合には、そのルータまたはファイアウォールの「ポート3756番」が使えるようにルータまたはファイアウォールの設定を変更してください。 この問題が原因の場合、当社からはこれ以上の解決方法のアドバイスは残念ながらできません。

3番目としては、更に可能性が低いですが、あなたのPCにパーソナルファイアウォールソフトがインストールされている場合に、上記2番と同様の理由で「ポート3756番」がブロックされている場合です。 この場合、ポート3756番が通過できるようにPFWを設定してください。

尚、製品版は最初に登録を入力した日から30日までの間は登録データが当社に着信できなくても、そのまま「ネット管理職」を使うことができますが、30日を経過しても当社に着信できない場合には、それ以後、本ソフトは動作しなくなりますのでご注意ください。 このときにPCの日付を意図的に操作して回避しようとすると、本ソフトがまったく動作しなくなることもあります。

Q104 別のPCにインストールして、登録しようとしたら、「入力されたライセンスキーは既に使用されています」という画面になってしまい、登録できない。
A104 元のPCに入っている本ソフトをアンインストールしてから、「削除報告」を行うと、新たに別の1台のPCへ、そのライセンスキーを使用してインストールできるようになります。
アンインストールと「削除報告」手順の詳細はこちら。

Q105 「ネット管理職」を使用していたPCのハードディスクが壊れて修理したが、もう一度ネット管理職をインストールしようとしても、「入力されたライセンスキーは既に使用されています」という画面になってしまい、登録できない。
A105 ライセンスキーを明記の上、当社の「ネット管理職サポート係」までメールにてご相談ください。 2営業日以内に対処方法をメールにて返信させていただきます。

Q106 ネット管理職の新しいバージョンをインストールしたいが、どうすればいいのか?
A106 まず最初に現在の「ネット管理職」を削除してください。
バージョン1.0.9以前のバージョンから1.0.14以降へアップする場合には、WinPcapのバージョンも変更になりますので、WinPcap2.3も削除してください。
本アプリケーション削除しても、それまでの設定情報やデータは残っています。
「コントロールパネル」の「アプリケーションの追加と削除」にて、「ネット管理職」を選択し、Windows_Installer が起動したら、「削除」にチェックを入れて実行します。

バージョン1.0.9以前のバージョンから1.0.14以降へアップする場合には、WinPcapのバージョンも変更になりますので、WinPcap2.3も削除してください。

その後に、新しいバージョンの本アプリケーションをインストールしてください。
この場合、ネット管理職の再起動にて、再度オンライン登録画面にはならず、いきなり従来の起動画面になります。 メニューバーにて、ヘルプ(H) バージョン情報(A)と辿ると、新しいバージョンになったことが確認できます。
1.0.14以降へアップする場合にはWinPcap3.01aも新規にインストールされます。

Q
A



本製品のトップへ戻ります

FAQ 運用編

Q201 メール閲覧にはOutLookExpress しか使えないの? 毎回OutLookExpressでメールを読むのはOutLookExpressの起動時間が気にかかる。
A201 OutLookExpress以外のメールソフトだと、ネット管理職で使用しているファイル形式を正常に認識できません。
OutLookExpressの起動時間が気になるなら、ネット管理職の「簡易メールビューワ」をご利用ください。
「簡易メールビューワ」は動作が高速で、「簡易メールビューワ」で閲覧する限りウイルス感染の恐れがありません。 「簡易メールビューワ」についてはこちら。

Q202 インターネットエクスプローラの代わりに他のブラウザは使えるのか?
A202 インターネットエクスプローラ以外のブラウザには対応していません。

Q203 サンプルソフトを入手して動作させてみたが、添付ファイル付きのメールの内容がおかしいことがある。
A203 本製品はTCP/IPレベルのエラー回復シーケンスのチェックをしていません。
動作時のPC環境やLAN環境によってはメールを正確に受信できない場合があります。
このため、本製品によって受信した添付ファイルについては信頼性がありません。
本製品によって受信した添付ファイルにプログラムなどが含まれていた場合、
それを実行するとPCの暴走・フリーズなどが発生する可能性があります。

Q204 特定のPCだけ、PC名でなくて、IP番号で表示されてしまうのは?
A204 本ソフトは名前解決の手段を、NetBios に依存していますので、その特定のPCがWindows でない場合や、Windowsであっても適正に設定されていない場合には名前を取得できません。 その結果は、IPでの表示となります。 例外的に、そのPCがパーソナルファイアウォールなどで武装している場合にも名前が取得できないケースもあるかもしれません。
尚、本ソフトのバージョン1.0.0においては、Windows Me/XPにおいて、名前取得ができないバグがありましたが、バージョン(1.0.2)以降では、この問題は解決されています。

Q205 何故、パーソナルファイアウォールとの併用が駄目なのか?
A205 すべて否定しているわけではありませんが、PFWの設定次第では受信できないパケットがあり、完全に網羅できないからです。 お手持ちのPFWとの併用で本ソフトが正常に動作するならば、併用されたほうが望ましいかもしれません。 公式見解としてはPFWを併用されているケースについてはサポート対象外とさせていただきます。

Q206 Windows XP を使用しているが、メールがとれないことがある。
A206 連続して多数のメールを受信する場合、メールを取り漏らす場合があります。
Windows XPにおいてこのような傾向が多いとの報告を受けています。
XPの設定に関して、下記の点をチェックし、変更してみてください。

1. XPのパーソナルファイアウォール機能がONになっていませんか? オフにしてください。

2.XPの標準設定では、フォアグラウンドジョブが優先されるようになっています。
下記の手順により、バックグラウンドジョブとフォアグラウンドジョブが同一優先順位で動作するように変更してからメールを受信してみてください。

Windows XPのフォアグラウンド・バックグラウンド優先設定を参照・変更

Q
A

Q
A

本製品のトップへ戻ります